シミ、そばかす、くすみ、肝斑。どんな肌の悩みも美のスペシャリストが解決します。

肝斑治療の難しさ

シミは混在し、治療法はそれぞれ

シミ治療は種類によって取り組み方が大きく異なります。そのため、シミの症状をしっかり診断することが非常に重要となります。しかしシミの症状が1種類のみであることは稀であり、複数のシミが混在している方がほとんどです。混在するシミの症状を見極めた上で、安全で最適な治療法の選定と優先順位を決めることも、高い効果を上げるためには大切です。

肝斑治療の難しさ

肝斑は他のシミと違う特徴を多く持つため、治療については十分な注意が必要です。
一般的なシミの種類といえる老人性色素斑やそばかすには、レーザー治療や光・高周波治療などで患部のメラニン色素に外部から選択的に直接エネルギーを照射する方法が有効ですが、これらの治療法は肝斑には行ってはいけない治療(禁忌)でもあるのです。通常のシミと違い、肝斑はメラニンを作るメラノサイトがちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、レーザーや光・高周波で治療を行うと刺激が強すぎて、むしろ悪化させる可能性があるからです。

レーザー治療は通常、強い強度のレーザービームを患部に集中的に照射することでシミを消します。レーザーの波長を変更することで、狙う皮膚の深さを調整することが可能で、長い波長のレーザーを使うと皮膚の深いところにあるシミやアザも選択的に治療可能です。光・高周波治療は広範囲への治療に優れます。どちらも他の治療法と比較して、短期間に高い効果を出せる治療法であり、肝斑の治療においてこの治療法を選択できないことは治療を長期化させるなどの問題となるため、従来のレーザー治療や光・高周波治療に代わる、新しい治療法の誕生が期待されていました。

この期待に応える、肝斑に唯一積極的に使用可能なレーザー治療法が本サイトでご紹介する「レーザートーニング」です。

あなたのお悩みをじっくりお聞きいたします

カウンセリング予約

まずはお気軽にご相談ください

メール相談
患者様の体験談

クリニック案内

電話受付 10:30~20:00(月~土)
10:30~19:00(日・祝)
診察受付 11:00~20:00(月~土)
11:00~19:00(日・祝)
  • 渋谷院

    0120-3888-76

    渋谷区神南1-22-8 渋谷東日本ビル8F
    [渋谷院受付]
  • 新宿院

    0120-3888-65

    新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿5F
    [新宿院受付]
  • 池袋院

    0120-3888-25

    豊島区南池袋2-27-8 第10野萩ビル6F
    [池袋院受付]
  • 銀座院

    0120-3888-29

    中央区銀座1-3-13
    The ORB Premiere(オーブプレミア)3F
    [銀座院受付]
  • 梅田院

    0120-3888-67

    大阪市北区梅田1-12-17
    梅田スクエアビルディング2F
    [梅田院受付]
  • 心斎橋院

    0120-3888-18

    大阪市中央区西心斎橋2-3-2
    御堂筋ミナミビル5F
    [心斎橋院受付]
患者様サポート相談室
グループクリニック北山デンタルクリニック銀座
未成年者の方へ:同意書のダウンロード

Page TOP